卒業生紹介

全国で活躍する44,000名以上の先輩たち

本校は60年以上の歴史の中で、全国各地に44,000名を超える卒業生を送り出してきました。
日本全国で活躍できるよう、就職に対する万全なバックアップ体制を整えています。

建築の世界で活躍する先輩
北川建築

北川 雅章さん建築工学科卒業
設計職・現場管理職

目には見えない想いを、
カタチに残す仕事。

建築士としての図面作成から現場の管理まで、住まいづくりに関する業務を一貫して行なっています。お客さまの思いを汲み取り、現場に伝えることも私の大切な役目の一つ。それと同時に、現場で働く職人さんたちにも、気持ちよく仕事をしてもらえる職場づくりを心がけています。目に見えるものをつくる仕事だからこそ、目に見えない気持ちや想いを大切にしています。

実践授業で学んだ内容が、
卒業後の実務に直結。

建築という仕事を包括的に学びたいという思いから、TOKOSENに入学しました。授業で学ぶのは、建築の基礎技術から、現役の大工さんを講師に迎えたプロの視点を学べる実践授業まで様々。卒業後スムーズに業務に移行することができたのは、日々現場に近い実践的な経験を積むことができる環境があったからだと思います。建築の専門的な知識を身につけるには、最適な環境だと思います。

とある1日のスケジュール

現場監督としてお客さまのご要望をもとに、打ち合わせ資料、見積書の作成などを行います。イメージを具現化するための大切な基礎工程です。

例えば洗面所やトイレなど、生活する上で欠かせない細部へのご要望も聞き逃しません。お客さま一人ひとりに寄り添った柔軟な提案を心がけています。

現場監督としてお客さまのご要望をもとに、打ち合わせ資料、見積書の作成などを行います。イメージを具現化するための大切な基礎工程です。

唯一無二の"理想の家"

様々なお客様と住宅や店舗を手がけました。その土地や、想いをカタチにできることが何よりも魅力ですね。時には自分で作ったりすることも。改めて建築の面白さに気づいています。TOKOSENで二級建築士を取得したことにより、仕事もスムーズにこなすことができました。

土木・測量の世界で活躍する先輩
株式会社
大米建設

國仲 一史さん土木工学科 卒業
施工監理職・経理職

丁寧な情報共有を意識して、
安全で心地よい現場づくりを。

TOKOSENを卒業して30年になります。16年ほど地下ダム工事や海上工事、空港工事等の現場管理者を経験し、現在は公共工事や民間工事の積算(工事原価の算出)を担当しています。細かな情報共有が必要な現場では、相手に伝わりやすい報告・連絡・相談が重要です。丁寧な報連相は仲間との円滑なコミュニケーションにつながるうえ、安全な現場づくりを実現する大切な工程です。

実務さながらの実践授業が、
資格取得への近道に。

地元の建設現場で活躍している先輩の多くがTOKOSENの卒業生だと知り、入学を決意しました。実務を一定期間経験してからでなければ受験ができない資格も、在学期間中の実践的な講義を受講することで、実務期間を短縮して資格を取得することができます。今後は、土木以外の領域の資格を取得し、さらに幅広い業務に携われるようになりたいと思います。

とある1日のスケジュール

現場以外での打ち合わせも多くあります。

現場の規模が大きくなると資格の重要性を改めて感じます。

実際の数量や物を確認し、スムーズに工事が進められるか確認します。