学校法人電波学園 東海工業専門学校金山校

LINE

twitter

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • お問い合わせ

交通アクセス

  • 入学希望の方へ
  • 保護者の方へ
  • 留学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業の方へ
HOME > 土木・測量系学科 TOPICS一覧 > 情報化(ICT)施工技術の体験実習に参加しました。

TOPICS 土木・測量系学科からのお知らせ TOPICS 土木・測量系学科からのお知らせ

2017.11.20

情報化(ICT)施工技術の体験実習に参加しました。

平成29年11月18日(土)
土木工学科2年と測量設計科2年の学生が、中部建設青年会議新建設産業創造委員会主催の体験実習に参加しました。
実習では、西尾レントオール株式会社の方々に指導していただきました。
情報化施工とは、建設事業の「施工」において、情報通信技術(ICT)を活用することで、高効率・高精度な施工を実現するものです。

1つ目の実習は、「ドローン(UAVマルチコプター)による三次元地形モデリング」です。
当日は、あいにくの雨でしたので実際にドローンを飛ばす事は出来なかったのですが、モニターで
三次元地形モデリングについて説明していただきました。

「3次元設計データを用いた計測及び誘導システム」
杭打ち(逆打ち)に特化したTSとAndroid端末をコントローラにして、1人で誰でも簡単に素早く杭打ちができる!測量器械です。
Android端末で杭打ちしたい点を選択すると、TSが自動で旋回します。そしてその方向に全方向プリズムを持っていくとTSが自動で回転し、プリズムの方向を見てくれます。
「RTK-GPSを用いた転圧締固め回数管理システム」
転圧締固め回数管理による品質管理は、事前に試験施工を行い、適切なまき出し厚と締固め回数を決定しておくことで、 本施工において必要な締固め回数を確実に行われれば、品質を確保できるとする方法です。
タイヤローラを操作するオペレータが、車載パソコンのモニタで締固め回数分布図を"色"で確認しながら、 施工と同時に盛土全面の締固め回数を管理することができます。

「ブルドーザのブレードコントロールシステム」
自動追尾TSがブレード(土工版)に取付けたプリズムで3次元座標を取得することで、三次元設計データを基にブレードの自動油圧制御を行うシステムです。
ブレードの操作を自動に切り替えるとシロウトの学生さんでも職人技のように平らに敷き均すことが出来ます。

「バックホウ ガイダンスシステム」
バックホウバケット刃先の現在位置と設計位置の差を視覚的に画面に表示し、掘削作業を支援するシステムです。
ブーム・アーム・バケットの角度を同時に調整して行う法面整形もガイドに従って行うと安心して作業ができました。

「大声コンテスト」
この業界では声をしっかり出す事は重要な事です。
測定器に向かって、みんな大声を出していました。
雨が降っているなかの実習でしたが、授業では出来ない貴重な体験が出来、ICT技術について理解を深めました。

オープンキャンパス 学科紹介
  • 入学願書受付中
  • オープンキャンパス
  • 体験バスツアー
  • 奨学金セミナー
  • ありがとう奨学生制度
  • 学費サポートプラン
  • 大学・短期大学・社会人の皆様へ
  • 東海工業専門学校[熱田校]、あいち建築デザイン専門学校を卒業された皆様へ
  • 土地家屋調査士
  • 中学生・中学教諭の方へ高等課程はこちら
  • 教育職員募集のお知らせ
  • 専土研
  • 全国専門学校建築教育連絡協議会
Copyright(c)2016
Tokai Polytechnic College.
All Rights Reserved.